#皐月賞 2020 予想! – ハナ差で涙

★テスコガビー3

明日が大雨予報で明後日が快晴だとしても、かなりの馬場悪化、と言っても実際にレース本番時間までにどんな馬場状態になるかは何とも言えず、先週の桜花賞と同じく馬場の読めないレースになりました。

有力馬は皆真ん中より内に、外枠に穴馬。外枠傾向になる可能性もある馬場とも言えそうですが、本来なら中山の芝2000は内有利。ならば外の穴馬より内よりの実力馬から狙います。

調教とホープフルSの強さを考えたら本命はコントレイルにしたいところ。ただ①ゲートは外から封じ込められる可能性あり。人馬共にスタートセンス良く心配無用の可能性もありますが、心配材料には間違いありません。ならば⑤サトノフラッグと⑦サリオス。⑤の強さを認めつつも⑦のスケールの大きさから◎⑦サリオスに。ぶっつけと中山初は心配材料でも堀厩舎の歴代の精鋭の中でも「メンタルがかなり強い」というエリート中のエリート。前走朝日杯は、先行馬総崩れの中、後続接近で更に伸びたスタミナとスピード・根性、更には滅多に感情を表に出さないライアンムーアが絶賛した操縦性。550キロの馬体全て余す所なく能力の塊。更に心強いのが去年の有馬も制したレーン騎手。「2週間の騎乗ブランクは、オーストラリアのシーズンオフを考えれば当たり前。何の心配もない」とどこ吹く風。世界の名手達が認めた素質と並外れた精神力がどんな馬場にでも対応できるとみて◎

以下①⑤⑬⑪⑨⑰⑱。8枠2頭は穴の資格十分。馬場を味方にできそうタイプで先行すればより持ち味が活きます。大外は馬場次第で有利にも不利にもなりますが、上手く好スタートを切れれば。走る度にレースも中身も目に見えて良くなっている⑱ビターエンダー。粘りが身上、叩き合いの展開だと浮上しそうです。⑰ヴェルトライは新馬でみた印象のまま成長、車で言えばFF前輪駆動タイプ。道悪に向いた走り、前走と違い先行できれば可能性あり、枠が違えば本命候補の1頭でした。

コメントを残す