お尻。

競馬予想のひとつにパドックはかかせない!そんな人も多いはず。
あなたはパドックで馬のどこに注目していますか。
胴、トモ、歩様、毛ヅヤ、気合いのり…。
私が注目してしまうのはお尻の模様!
といっても、これは予想とは別の話。
この模様、マーカーと言われているお馬たちのオシャレのひとつ。
テンプレートを使用してつけるそうですが、種類はさまざま。
ひし形、星、ハート、スマイルや厩舎のマークだってあるんです!
そのように数多い種類の中で、今でも忘れられないのは、 2016年5月7日の東京競馬場で出走した“シンボリネルソン”のお尻。
2016年4月、熊本県を中心に九州地方を襲った地震。九州産馬限定のレースがあるほど、競走馬にとっても九州は縁のある場所。
シンボリネルソンの生まれは、その九州から遠く離れた北海道日高町。所属は美浦。
直接的な九州との縁はわかりませんでしたが、シンボリネルソンのお尻には、輝く“くまモン”がいました。
言葉ではないメッセージ。そのくまモンにはたくさんの人の思いが込められていたような気がしました。
お馬のお尻。
競馬の判断材料とは別に、メッセージ性も含めて、マーカーに注目してもらいたいと思います。

コメントを残す