10/30(日) 東京11R 天皇賞(秋) – 珊瑚屋けんちゃん

12番 リアルスティール

G1善戦マンのイメージが強かった12番リアルスティールだが、ドバイターフで見事G1を奪取。この馬の的距離は2,000m前後で、前走の1,600mは参考外。ここまでにすったもんだあったが、仕上がりも良く、逆にフレッシュな状態で出走できる。最大のライバルであったドゥラメンテの主戦騎手Mデムーロを鞍上に迎え、ライバルの果たせなかった夢を同馬が叶える。相手には、同じディープインパクト産駒で同世代の3番アンビシャス。

単勝        14
馬連          3―14
馬単        14→3
ワイド      3-14

コメントを残す