#桜花賞 2018 予想 – ハナ差で涙

3連系の馬券中心の自分にとっては、先週の予想は痛恨の極み、アルアインなら当たっていたのに、本命を根拠のない直感頼みのサトノダイヤモンドにして、戸崎の絶不調とも重なり大失敗大失態、何度も同じ事を繰り返しているが、初志貫徹は大事で素直に自分の意思を尊重すべきであったが・・・

ラッキーライラックの①番には多少の不安を覚える。力は間違いなく上、順調でもある。スタートの上手いこの馬の欠点を探すのは重箱の隅をつつく様な物ではあるが、桜花賞で全く結果の出ていない1枠、不安な物は不安である。そこで本命は⑨リリーノーブル。

全走は試し乗りの部分もあるだろう。切れ味にやや不安のあるこの馬は、やはり好位からがベストの戦法。主戦の川田が同じ轍を踏むとは考え辛く、安定感を加味すれば、3連系の軸には最適。ダイワスカーレットとウオッカで決まった桜花賞は馬単的中だったが、イメージはあの時のダイワと同じ。やや早めのスパートでもバテない強みを活かし、早目早目の競馬を心がけてくれると信じる。騎手の腕も込みで本命にしたい。

ラッキーにはもう1つ不安材料がある。②のアマルフィコーストの存在だ。前々走で折り合いを欠き、前走はスタート直後落馬。気性面にかなり不安のある馬を隣にしてのゲート、ラッキーの名前なのに桜花賞に限って運気が下がっている気がする。

本命より後は
①⑰⑬⑯⑦④⑭
チューリップ賞組が上位評価。穴ならフィニフティ。スケール大きくないと思ったデビュー戦だが、デビュー戦から前走にかけて馬に身が入り、前走はパドックで抜群に良く見えた。レース後の検量室の藤原調教師の手応えに満ちた表情と声は忘れられない。中間の調教気配も絶好、ひょっとすると。ひょっとのもう1頭はミルコのレッド。前々走破った馬はなかなかの素質馬。久々を叩いて本番へ向かう事ができるのもポテンシャルのなせる術。こちらも鞍上込みだが、多少の可能性はあると見たい。フィリーズレビュー組も悪くはないし状態も上がっていると思うが、ややスケールダウン。その中では、前走不利あり、ここまでのレースからもまだ奥のありそうな④を抑える。

コメントを残す