薫風予想 2016年1月5日中山金杯

7番マイネルフロスト

前々走GIIアルゼンチン共和国杯で骨っぽい相手と+0.7秒差、前走GII金鯱賞で+0.3秒。ならば
GIIIのこのメンバーなら勝ち負け。思えばこ去年のこの金杯からラブリーデイの快進撃が始まった。そのラブリーと同じローテで臨む。今後このローテが金杯の王道になるのではないか。また大外に入った14番ライズトゥフェイムも気になる存在。格上挑戦だが中山2000の走りを知っていて、今調子が抜群にいい。穴で一考。

コメントを残す