#天皇賞(春) 2016 予想 – 薫風推理

5番フェイムゲーム

去年の春天2着時と同じ様に、ダイヤモンドSからの参戦というローテも好感。そのダイヤモンドSも海外で2戦後の休み明け緒戦で、まだ体が緩かった。しかも負担重量は58.5k!そして馬場は重に近い稍重。そんな何重もの苦難を受けながらも、上がりはメンバー最速で2着確保は立派。次走の天皇賞に向けての良いステップになったのではないだろうか。鞍上も香港GI、QE2世Cを勝ったばかりで今一番ノッてるボウマンなら、3200mの奇跡を全国民の前で起こしてくれるはず。

コメントを残す