#日本ダービー2017 予想 – ハナ差で涙

★テスコガビー3

今週は栗東トレセン取材に行き、サトノアーサーの超抜群の動きに驚嘆し、アドミラブル音無調教師の自信に確信を深めて、これで本命は決まったと思った矢先の大外枠・・・。迷いに迷うマイナス材料になってしまい、非常に難しい選択を強いられる事になりました。

青葉賞からのローテがきついと言っても本命はアドミラブルのはずでした。ただオークスもスローから上がりの競馬だけで好時計。多頭数の近代競馬は前々で器用に立ち回らないと結果がついてこない。

となると能力・調子共に上と見ている⑱⑥の2頭は、やや分が悪いレースとなりそう。

本命は皐月賞馬⑦アルアインにしました。デビュー時から、隠れたポテンシャルを感じていた馬で、春から調教でも競馬でも走りが一変。前走もスピード、スタミナ、勝負根性の全てにおいて高いレベルを証明。奥の深さを感じさせる勝利でした。母系からくる距離不安はつきまとうものの、あれだけの競馬をした前走を素直に本物と見る方が吉と出そう。2冠に期待の本命です。

問題は他の皐月賞上位馬をどう見るか。今年は走る度に着順が変わり、基準となる馬がいない事も予想を難しくしています。

以下の順番は
①⑫⑱⑥⑬⑮⑤にしました。①は単純に枠順です。こんなに恵まれた枠でそつのない馬にそつのない騎手、条件が整いすぎて、一気に上位評価です。⑪は中間の疲労が抜けるのに時間がかかった事と、前走はミルコの神騎乗、やや引っ掛かる気性が減点。大穴は⑤。間違いなく状態は上向き、前走はオーナー指令と言っても4コーナー先頭の超強気な競馬。肉を切らせて骨をたつタイプでアルアインと似た一面を持つ馬。皐月賞4着は軽視できない内容でした。

コメントを残す