枠枠探検隊 – 1/10京都北大路特別・シンザン記念

どうも!やはり金杯は完敗だった隊長です。。。
苦手なレースというか、相性の悪いレースってホント相性悪いですね。

毎年、完敗からスタートなので「いつも通り!!」と、ポジティブにとらえている私です。

さて、3連休、3日間開催の中日10日は京都でシンザン記念が行われます。

出世レースとしては有名ですが、キャリアの浅い馬達なので予想が難解ですね。

個人的には、⑨ラルクを中心に馬券を組み立てようと思っています。
枠順的にも良いので。ただ、配当がどうなのか?ですかね。

明日のレースをざっと見つめて、1レース読者の皆さんの為にしぼりました!
京都の9レース 北大路特別 です。
いつも通り、私はJRA-VANの枠順しか見ておりませんので、人気なんぞはわかりません。

しかし、騎手や馬(馬名)や厩舎関係をじっくり眺めて、このレースの8枠が軸に最適であると判断しました。
着順的にも比較的?安定しており(笑)  (前走12着じゃんなんてツッコミはいりません)
人気になるであろうシャルールがもし、馬券対象外になるのであれば好配当がのぞめるからです。

枠連 8 ⇒ 6・5・2・1 以上4点

私は、明日はこのレースだけ勝負してみようと思います。

ではまた来週!!

枠枠探検隊 隊長

現在の中央競馬においては、様々馬券が発売されています。 しかしながら、歴史を遡れば、馬券は「単勝」と「枠連」にたどり着きます。 決められた枠番も今も変わらず1~8です。単枠指定と言われるものがあった時代もありました。 馬番は内枠から1、2、3と数字がふられていくのに、17頭目・18頭目はなぜか外枠に配置されます。 そういう「枠」の魅力に取りつかれて、競馬を勉強し、早15年が経過しました。 普通の予想とは、違った角度から競馬を予想し、皆様に提供させていただきます。 点数が少ない買い目での、好配当ゲットを目指しますので、宜しくお願いいたします。

コメントを残す