#天皇賞2017 予想 – 薫風

12番ゴールドアクター

キタサンブラックがでるレースは、ハナに何が行こうと結局はキタサンのペースのレースになる。つまり、前は潰され、後ろからでは相当破壊的な脚がないと間に合わない。有馬のダイヤモンドもいつもより前めでキタサンをマークしたせいで、少しラストが甘くなった。今回はレース中、仏語を喋る同僚もいないし、距離も伸びる。しかもキタサンはリベンジに燃えている。仕掛けのタイミングによってはダイヤモンドの取りこぼしもあるとみる。ならば、その隙を狙えるのが、この馬。そういう競馬は鞍上うまい。

コメントを残す