薫風 中山記念

3番ヴィブロス

ここ叩き台は承知の上だが、充実度でこの馬。中山の1800は坂のすぐ下からスタートでキレもパワーも持久力も必要なかなりタフなコース。G1を勝つ馬じゃないとここは通用しない。ヴィブロスは去年もこのレースに出走しているが、ネオリアリズムやロゴタイプなど相手も今回よりかなり骨のあるメンバー、しかも初古馬、初牡馬対戦。そこで差のない5着なら楽しみの方が勝る。その後、ドバイターフを見事優勝。世界のG!馬になった。秋に2戦して、調子を整え、休養もとった。この中山記念から快進撃が始まる模様。

コメントを残す