日本ダービー – 薫風

15番 ステルヴィオ
前走皐月賞は出遅れで行き脚がつかず、最初の急坂でルメールは後方待機を決め込んだ模様。馬場も緩く、厳しい展開だったが逆によく4着まで来たという感想。一概には言えないが、弥生賞をほどんど追わずに2,01,0で走ったプレミアムと勝負するには、同じ中山2000の稍重の皐月賞で少なくともプレミアムとは0.4秒差がギリギリだろう。広い東京、良馬場、上がり勝負にありそうな今回、キレ勝負なら、オークス同様、この馬とルメールで勝負できる。勝ち馬には乗れ!

コメントを残す