#オークス 2019 予想! – ハナ差で涙

驚異的な日本レコードとなったヴィクトリアマイル。その前のNHKマイルもレベルは高かったと思うし、馬券を除けば(苦笑)好レースが続いたと思う。

ただ先週のヴィクトリアマイル、何か違和感がある。アエロリットの作る淀みない流れから、元々ノームコア・クロコスミアを穴馬としたものの、綺麗に2頭も馬券圏内とは、話しが上手すぎる。2頭に共通しているのは、瞬発力と言うより長く良い脚を使うスピードの持続性。NHKマイルのアドマイヤマーズもダイワメジャー産駒で、このタイプと言える。

現在の芝のトレンドがこの傾向なら、オークスもこの流れに逆らうわけにはいかない。2週連続で姉妹でのGI制覇と、そんな上手い話があるものかと思うが、本命は②クロノジェネシスとしました。

強調材料は3つ。1つは血統、先週のノームコアの妹。2つ目は基本は王道路線の方が毎年強い傾向にある事。3つ目が、桜花賞組の中での地力、距離適正が最上位である事。

枠は包まれる心配はあるものの、外より遥かにまし。操縦性の高い馬で、もう北村に大舞台での緊張も心配ないでしょう。

以下⑬③⑤⑪⑧⑯/⑩⑥。⑬ラヴズは素質は抜けて高いかもしれませんが、意外とポカの多い血統、1週前調教抜群で、あれを見たら◎級の馬ですが、人馬共にポカがつきまとうだけに対抗にとどめました。3着の穴なら⑩。切れる脚は無いですが、長く脚を使うタイプ。ディープ産駒でも今の東京向き。⑥は2週続けて攻めの調教、桜花賞より明らかに攻めてきました。ただ姉同様本格化は古馬になってからの気が、馬体重が戻れば、1着までぶっこ抜きの可能性まで。当日の馬体重次第で、つけ加えるか決めたい1頭です。

コメントを残す