#マイルチャンピオンS 2019 予想! – ハナ差で涙

3歳馬に期待して散々な秋のG1戦線、天皇賞もエリザベス女王杯も、古馬の壁は高く、マイルCSでも同様の事が言えそう。ただ前走毎日王冠圧勝の①ダノンキングリーにそれが当てはまるのか。前残りの展開を軽々後ろから差しきって、ゴール前は流す余裕。本来は好位での立回りができる器用なタイプ、最内枠に初騎乗と懸念材料はあるものの、大舞台に相応しい騎手を迎えただけに、不安よりも期待が先行する。今一度3歳から狙ってみる。

相手は⑭⑤⑦②⑰⑩⑧。穴ならまず⑦、左回りより右回りの方が遥かに良い馬で左回りであれだけ走れた毎日王冠は上々の競馬。クロコスミアの様に、この馬もこのレースのリピーター。②は春競馬がすこぶる中身の濃い競馬。瞬発力はないがスピードの持続力あり、人気以上には走ってくるはず。⑰は枠は最悪。でもそこで無策にならないのがルメール。後ろから馬群をぬえれば、無視は危険とみました。

コメントを残す