薫風 天皇賞

8番 キセキ

人気上位陣の隙をみつけるのはなかなか難しいが、紛れるとしたらこの馬ではないか?
出遅れが功を奏し、後ろからいく脚質に上手く変換した。過去、クロノやフィエールの後塵を拝しているが、パンパンの良馬場で、差す競馬を覚えた今のキセキなら、まだまだ勝負付けは済んでいないと思う。去年のこのレースのアーモンドを見ると、勝つのは難しいとは思うが、前がやり合った後なら、漁夫の利を得るのは可能と見る。そしてそんな競馬は鞍上得意。

コメントを残す