#ジャパンカップ2016 予想! – ハナ差で涙

外国人騎手で日本の大舞台で信頼のおける騎手、となるとデムーロ・ムーア・ルメールの3人。この中で馬を考慮して本命をつけるなら⑯リアルスティール◎となる。ただ外枠と心の中の本命が③ゴールドアクターだけに、外国人騎手で本命と言う単純な理由はこれではいけない・・・の心の葛藤がある。

それでも先週ルメールで当てたのと今年は外国人で行くと決めた以上は本命⑯。矢作調教師も上場の手応えを掴んだ様で、十分勝負になる。以下③①④②⑭⑫⑧。④②は正直余り買いたくなかったが、直前取材で評価を上げた。超のつくスケールのある大物がいないなら可能性は十分、そんな手応えが見てとれた。⑧のブドー騎手は今世界No.1の可能性もあるフランスの若き天才。23才の今年、この若さでフランスの年間最多勝を塗り替えた。来日した時は抜群のセンスと背筋の伸びた騎乗フォームにリーチの長さ、全盛期の武豊騎手を思い出すそのスタイルに感心した物だが、その時の感覚は間違えていなかったと今年確信した。何の為に主戦でない馬に乗りに来たのか・・・⑧の番号まさに末広がりで、とても不気味に思えてならない。

ディーは調教の動き、蛯名騎手の歯切れの悪さ・・・本命級の強さは認めても、今回は軽視しました。

コメントを残す