薫風 朝日杯FS

14番ダブルシャープ

クローバー賞、札幌3歳Sのレースぶりが目に焼き付いている。並ぶと比類なき根性を見せるのがこの馬のいいところ。クローバー賞はタワーオブロンドンと馬体を合わせての叩き合い。一旦タワーに差されたところを差し返しての勝ち。札幌3歳Sは最後方からまくって差のない3着。脚をためて爆発的な末脚を繰り出した。前走のサウジRCはひどい斜行の煽りを受けながらも、なんとか6着に。レースをやめてしまってもおかしくないくらいの不利だったことを鑑みれば、この馬の優秀さがわかる。しかも前走までは全て北海道門別所属での話だ。中央に転厩して今回が初戦。栗東でみっちり近代トレーニングを積んできて、和田が鞍上の伸びしろは計り知れない。新しい環境にもすぐ慣れたの

コメントを残す