ホープフルステークス2017 予想 – ハナ差で涙

教授の友人から阪神ジュベナイルフィリーズの予想メールが届きました!

まだもっと強いメンバーがいそうな2才牡馬だが、このホープフルもなかなかのメンバーが揃った。ここからクラシックの有力候補となる馬もいるだろう。

将来性のありそうな馬は差し馬が多く、多頭数で小回りの中山でまだ無理する時季ではなく、やはり後ろから行く馬は有馬記念ではないが不利は不利だ。スケールでは1枚(0.5枚ぐら)落ちるが、器用さで上回る先行できる馬から狙いたい

本命は⑦タイムフライヤー、まずCデムーロの連続騎乗は心強い。前走は勝ちパターンで負けてはいけないレースだが、勝ち馬はここに出てくれば本命の馬。相手を考えれば、むしろ評価できるレース。ずば抜けたスケールはないが安定感と器用さで十分勝負できる。相手関係が朝日杯勝ち馬ほどのスケールを感じないのならタイムフライヤー本命で狙いが立つ

相手には大物感のある⑩⑮。以下⑨⑤⑧⑫⑰。⑪も大物感はあるが、極悪馬場でも前走5着は不甲斐ない。スケールにやや?がつき、有馬に続いてルメールは怖いものの、点数増えすぎの為切る事に。⑨⑫は調教からもデキは良さそう。⑤は唯一のディープ産駒、初戦のスタートセンスも抜群。調教も終まい重点で反応良し。⑰はオークス候補、東京2400なら本命を打ちたいぐらい。条件が厳しすぎるが、ポテンシャルは相当。無視はできない存在

コメントを残す