#天皇賞・秋2018 予想! – ハナ差で涙

流石は天皇賞、どの馬も仕上がりに抜かりなく、調教を見ているだけで、当日の走りが楽しみで仕方ない馬が多い。勿論、目標が先のJCと言う馬もいるだろう。ただ今年は距離的にJCよりも天皇賞、またJC狙いといきたいが、そんな事も言っていられない崖っぷち馬が多いのも今年の特徴だ。

目標が次のJC、天皇賞を外しても次が取れれば御の字とも言えるのは、レイデオロとスワーヴリチャード。前者は先週の調教でアクシデントがあり、後者は地震の影響か?北海道からの帰厩が遅れたとも聞く。力は上の2頭で、騎手も文句なしだが、今回本命にするには、やや不安が残る。

展開はどうだろう?。武騎手が「何が逃げるかも読めない」と言う様に、はまれば大駆けも十分期待できるが、展開を読み違えると、脚を余す可能性があり、最後まで陣営が頭を抱える部分だろう。

本命も、いや印をつける馬ですら、評価の順番、何を切るのか、考えれば考えるほど答えが出ない。苦しい予想である、サイコロ回しての4頭ボックス馬連の方が当たる気もする。

最終的な本命⑪ミッキーにした。宝塚本命で、胸を撫で下ろした勝利だったが、正直宝塚だからこそ勝てたと今でも思っている。ただ今週のダンビュライトを手応えで上回る坂路調教、宝塚記念と全く同じである。和田騎手も成長を口にしている。ちなみにミッキーは宝塚前までは調教でダンビュライトに先着できなかった。また調教はダンビュライトの動きも悪くない、からばミッキーの本格化、強さを増した、これは本物と見ての本命。

もう1つ推奨理由を、ダンビュライトは他馬との物差しになる馬。宝塚記念でダンビュとミッキーとの着差は0.7。大阪杯でのダンビュとスワーヴが0.6、ダービーでのダンビュとレイデオロが0.4。この数字を考えれば、調教内容が宝塚と被るミッキーが今回十分勝負になる事が分かる。

自信の本命なんておこがましい事は言わないが、配当も期待できる本命として、今回は狙ってみたい。追い込み一辺倒の脚質でない点も強調できる。枠は理想ではないが、嘆くほど大外ではない。ならばここは難解でも初志貫徹。

ミッキーの単複で潔く。相手は⑥⑤④⑦⑩③で最後に①。⑨は馬も鞍上も魅力一杯だが、どうも左回りでの走りが未知数。ならば年齢たけでは評価は下げられない①で夢馬券も狙いたい

コメントを残す