#宝塚記念 2020 予想! – ハナ差で涙

馬場状態踏まえ、やはり今年もすんなりとはいかない気もする一戦です。天気・馬場状態・そして割と呆気なく、印象に残らないレースになる事も多い宝塚記念だからこそ狙える馬もいて、馬券は幅広く狙ってみたいです。

ただ、能力と最近の調子から見れば4頭立て。◎⑤サートゥル○⑪ラッキー▲③グローリー△⑯クロノの4頭立て。まずこの4頭の馬連ボックスを抑えます。サートゥルは無観客のうちに、勝つだけ勝っておきたいタイプ。気性的にも今年の上半期はこの馬向きです。ラッキーは2200のエリ女が圧勝、この距離はちょっと特殊で巧者は強調しておきたいです。調教も抜群、逆転ありの対抗です。グローリーは▲ですが、暮れの香港は本当に強かった。ディープ産駒にしては奥手の母系、今が本格化している時期かもしれません。昨年のリスグラシュー的な雰囲気はあります。クロノも差がなく4番手です、派手さはないですが、着実に力をつけてきました。ただまたまた外枠、今年はフルゲートで、大阪杯に続いて運がありません。

多頭数ですが、流石に敷居の高い馬もいます。無理な穴探しは禁物なのですが、枠に泣きそうな実力馬もいます。以下△⑦ワグネリアン⑬ダンビュライト⑮スティッフェリオ⑩メイショウテンゲンにしました。ワグネリアンの最近はインで立ち回れる様になってきました、その分以前の爆発力には欠けますが、今のこの馬には良い枠を引けました。ダンビュライトにスティッフェリオは共に2200は良い舞台でしょう。中穴を開けるとしたら、GⅡなら十分勝負になるキャリア豊富なこのタイプと見ます。最後に馬場状態を考えればメイショウテンゲン、他が苦戦するような馬場なら鞍上松山への期待込みで狙ってみたいです。

⑱ブラストワンピースは、大阪杯で負けても器用なタイプの考えは変わりません。その機動力が使い辛い大外枠。最近の川田の積極性の無さも気がかりで無印にしました。

コメントを残す