#朝日杯フューチュリティステークス2016予想 – ハナ差で涙

先週勝ったソウルスターリング以上の怪物牝馬と呼ばれるミステルテ。今年のメンバーで大物感を漂わせるのは、牡馬も合わせて唯1頭。最終調教は折り合い重視でも全身ゴム毬、上質のバネを感じさせました。前走の勝ち方はまるでハープスター。唯そのハープスターと比べても器は気性の激しさからしても、まだその域には届かないと見ます。

ならば牡馬で勝負になるはず。ミステルテを負かす可能性のある馬は2頭だけ、正直今年は小粒。クリアザトラックとダンビュライト。

本命は◎クリアザトラック。抽選を突破した段階でシメシメと思ったもの。この兄弟ならではのバネと素軽さがあり、センスも上々。ただやや気性に難があり、嫌な面を見せない事に期待ですが、ここならキャリアが浅くてもメンバーレベルから◎。この馬より強い同世代はたくさんいます、でもここなら強調材料の方が多く、十分狙える素質馬です。もう1つ不安材料があるとすれば隣枠の⑤が頗る気性が悪くゲートであばれてつられないかです。

以下⑬⑧⑮⑩⑤、3着候補に⑰⑱です。安定感なら⑧、配当はつきませんが⑧の複勝が最も固い馬券かも。⑤は新馬で4馬身離した相手が先週7着。単純計算で先週でも2着相当は走れる事になります。今は逃げしかない気性で印も薄いですが、勝った2戦は能力がなければできない芸当。勝てば華麗に、負ける時もある意味華麗に逃げて散るエイシンヒカリの様な馬と思って下さい。

コメントを残す