#皐月賞 2018 予想 – ハナ差で涙

サクラショウリ・男の約束2

ダノンが抜けて暫定王者を決める様な一戦に。ダノンが入ればラッキーライラックを射しきったアーモンドアイの様な存在は不在で、素直にダノン本命となったわけですが、枠順を見ても少し捻りたくなるメンバー構成。それでも先週、先々週と捻って失敗の経験を考えると、今回こそは3度目の正直、素直に強い馬から買おうと思います。

本来なら日曜が雨風共に強い予報、当日の天気・馬場、最後まで見極めて買いたいレースですが、予想はそうもいかないので、天気も含め現時点での想定で。まず中山の馬場は典型的な外伸び馬場、これは去年の秋からの悪天候の影響でこの開催初日から見られた傾向。そして日曜の天気、強風だとしたら2年前と同じくハイペース、追い込み有利。先週土曜も風が強く、追い込み馬の台頭が目立った、ましてや前に行きたい馬も多く、よりこの傾向は強まると見ます。馬場にカンしては雨次第なので、何とも言えません。ただ降れば降るほど外伸びになります。

そこで本命は②ワグネリアン、枠はもう少し外が理想ですが、ダノンと言う先行型の強敵がいなくなり、自分の型にはめた戦法で良さそう。前走は中山を意識して、少し早めの仕掛けで反応の遅さを見せながらもキッチリと伸びてきました。ダノンがいないなら、押し出させる様にこの馬が暫定王者には相応しいと思います。

相手は⑤キタノコマンドールと⑬サンリヴァル。⑤の前走レベルを軽視する人もいますが、前走は時計も内容も十分に合格点。特にペースの上がった3コーナーで馬なりで上がっていく脚こそこの馬の真の能力。鞍上も最強で、逆転の1頭です。⑬は前2戦共に強気すぎる内容、先行タイプの揃った本番で、引いた形の競馬ができれば、コース適正も踏まえ浮上の余地は十分。縦長の展開では、後ろからの後方一気は届かないケースも多々あります。展開が1番向く馬と言えるかもしれません。

以下③⑮⑦⑨⑫。ホープフルS組が弱い?と言っても、⑬に2度先着、センス抜群の③を軽視はできません。①は前走が余りにも中身なく印を抜きました。⑦は⑬と似たタイプ。⑫はこの世代、昨年末までは、自分の中では5強でした。その1頭で見限れません。ハーツクライ産駒が良くなるのは、4才春~で前走は初戦不良馬場、2戦目いきなり重賞Vの反動も考えられます。ノーマークは危険すぎる1頭です。

コメントを残す