#皐月賞 2019 予想! – ハナ差で涙

枠順を見る前なら力差だけで見ると、おそらくかなりハッキリとしたメンバー構成です。非常に楽しみな一戦ではありますが、⑫サートゥルナーリアの勝ち方あるいは④ダノンが捩じ伏せるのか、勝ち馬はこの2頭から出るのは間違いないと見ます。もう1つの懸念材料はMデムーロ、何をしてくるやら・・・朝日杯でグランアレグリアに幅寄せしてきた様に、ミルコがサートゥルを潰しに行く可能性も否定できないと思ったものの最内枠ではやりようがない気も。単純に強さだけの見立てなら超2強(サートゥルとダノン)+2強(アドマイヤマーズとサトノ)の構図が出来上がります。

さて本命は⑫サートゥルです。一言で物が違います。久々は今や外厩舎で調整できる為、マイナスにはならず、ダービーを見据えるとこの久々ローテこそ今後は王道の可能性も。唯一負かせる可能性のある④ダノンを対抗。1枠2頭の①②。

以下の印は力差互角、無印まで含め展開等で多少の着順は変わりそうなメンバーです。⑰アドマイヤは今週の重の坂路で出色の時計、道悪なら本命に推したいぐらいの動きで、すこぶる調子は良さそう。先週は外伸びの馬場、味方にできれば。⑬ブレイキングドーンもまだ侮れない。中山の坂が?の止まり方だが、随分と極端な早仕掛けの中、よく粘れているレースが続いています。見限らずに印は回してみました。⑩はキャリア考えれば秘めた素質は相当。③は立ち回り1つで距離は持ちそう。デビューから40キロ近く増えた成長力を思えば、内枠立ち回り1つで馬券圏内かと思います。

コメントを残す