#天皇賞(春) 2019 予想! – ハナ差で涙

平成最後のGIに武豊不在、メンバーは正直淋しい・・・でも当たる当たらないでは大違い。的中の貯めに全力を尽くします。

ヴォージュが大逃げを打ちそうで、展開的には後方追い込みタイプには辛い展開。ただ逃げ先行タイプの地力に疑問がつく馬が多く、結局は力比べの結果がストレートに出そうな気がします。

上位評価は活きの良い4歳馬から。◎は⑩フィエールマン。またルメールで、正直新鮮味には欠けますが、順調に良くなりここを目標とした仕上げ。個人的にはステイヤーとしての資質は認めつつも、本質は2400前後の距離向きと見ており、ポテンシャルほ相当な馬。エタリオウが「早め先頭だとフワッと気の抜ける馬」との事で、デムーロでも早めロングスパートは考え辛い展開。十分前を差せるでしょうか。2倍以上つくなら単勝でも!!

相手は◯②エタリオウ。またまた面白くない予想です。▲⑤メイショウテッコンも前走で武騎手と調教師が手応えを掴んだ様に良くなっています。ただ前哨戦と本番で着順の入れ替わりは良くある事。本番は地力に勝るエタリオウが対抗でしよう。

穴にもなりませんが△⑦グローリーヴェイズは菊花賞で大外枠から大外を回る展開での5着。かなりの距離損の中で好レースをしています。上位とも差のない力の持ち主で、上積みも十分。配当からは絡んでくれると、中波乱を期待できそうな1頭です。

以下⑨⑫。3着なら①⑥、ただハーツクライ産駒は5年連続の2着、侮るなかれです。普段は買わない3連単ですが、⑦⑩の2頭軸マルチも面白いかと思っています。

それと平成は31年で幕を閉じます、①③ならば紅白の日の丸馬券です。。。あるわけないと思いつつ、100円抑えてみます(笑)。

コメントを残す