#朝日フューチュリティ 2019 予想! – ハナ差で涙

見方とすれば先週と全く一緒の3強。と言っておきながら、+αのもう1頭に勝たれたのが先週・・・ならばと思いたいのだが、今週は先週よりも4番手は力差のある構図。

ならば先週同様何を本命にすればですが、経験値で言えば⑥⑧⑫3頭共にやや難点あり。⑥⑫まだ2戦しかしていないし、少頭数のレースのみ。⑧はレース経験は積ませたが1400でも折り合いを欠いた。どこかしかに不安はあるのは事実です。

それでも本命は⑥サリオス。前走で負かしたクラヴァシュがJFで3着。少なくとも2馬身前にいる事を考えたら、十二分に勝ち負けレベルは間違いなし。前走で前半出しに行って勝ったレースも先週6着のリアアメリアとは中身が違います。前走勝った後ノーザンファームの吉田勝己オーナーが「ダービーは決まったでしょ」と言ったのもそれだけの強さを見せてくれたから。おそらく1人気、その期待に今回は応えてもらいましょう。

○⑫レッド▲⑧タイセイ。○は前走強かった。ただ恵まれた点もあり、まだ半信半疑。▲は前残りの高速馬場で後方一気の中身は秀逸。ただ1400レースでも折り合い不安あり、頭まで突き抜ける可能性と危うさ、吉か凶かの不安があります

以下③②⑤④⑨。②は展開利がありそう、簡単には止まらない。⑤は前走不可解、それまでの競馬と血統から、見限りは早計。大穴⑨、デビュー前調教から前走の圧勝は当たり前、やはり素質高いと思ったものの、調べると相手が弱かった。。。それでもデビュー前の動きの可能性を信じて、最後の1頭に指名します。

コメントを残す