#ヴィクトリアマイル 2020 予想! – ハナ差で涙

★テスコガビー3

アーモンドアイの春は、おそらくこのレースのみ。小回り中山で結果が出なかった有馬記念、同じく小回りまた雨季の宝塚記念に使う事はないはず。安田記念に向けても、この馬にしては間隔が短い。ならば、仕上げに抜かりなく素直に◎でも勿論良し、ただ牝馬はいきなり調子落ち力落ちのケースも多々ある。こけるなら今回の可能性は0ではない。

◎アーモンドアイなら誰でもいけるし、馬券的中の可能性も上がる。あまり負けるシーンも想像できないししたくもない、でも馬券的な妙味はかなり薄い。本命は◎⑤プリモシーンです。

本来なら⑱サウンドキアラ本命を考えていた所。ただ今の東京、ある程度のペースでも後続はついていける快速馬場、内も有利。余りにも枠に泣いた格好。コースと季節ベストの⑯も枠がきつい。本命候補からはここで外れます。

押し出された形の本命⑤ではあるものの、昨年2着。そして抜群の調教からも暑くなると調子を上げるタイプと見ます。3才で関屋記念制覇も夏女らしい。按上のレーンは昨年は④ゲートからの勝利、今年は⑤ゲート。馬は違えどイメージは良いはず。枠は運も味方にできたとも言えます。

以下は⑫⑱⑯②⑨⑭③、余裕があれば①ですが、先週と違いスタート出していける馬でもないので2週連続デムーロで不気味でもありますが、切りました。立ち回り上手い②、左回りは2割増しの③、前走は素質開花の圧勝劇、何かきっかけになるレースと見えた⑨が穴です。

コメントを残す