#高松宮記念 2018 予想 – ハナ差で涙

★テスコガビー3

開催最終週でコース変更で、内枠有利になる馬場。毎年顕著に傾向は出ており、有馬記念同様枠順で大体の結果が見えてくるレース(と言いつつ当たりませんが)。狙いは1~4枠ぐらいから軸馬選びがセオリーかと思います。

短距離戦線は、ロードカナロア以降の低レベルが続いており、ここも新星誕生もなくG1を迎えた様なメンバー。ましてや昔からマイルもこなせるスタミナ兼備の馬の方が強く、昨年の最優秀短距離馬⑥レッドファルクスに逆らうのは無謀と考えました。ましてや鞍上はデムーロ、+は幾らあっても-はありません。枠もここなら大丈夫でしょう。

相手本線は香港③ブリザード。スプリンターズSはスタートで挟まれ馬がエキサイトする中での5着。香港に戻ってからも順調で、ここはしっかりと狙ってきた気配。逆転も含む対抗と見ました。

以下①⑧⑨⑪⑬⑦。この中で力、元値のある馬なら⑪。1400でイスラボニータとハナ差の勝負のできる馬は⑥か⑧ぐらい。体質が弱く使い込めないですが2年前優勝のビッグアーサーと互角の力の持ち主。8才でも使い込まれていない分馬体も若く、スタートを上手く切れれば、十分戦えます。⑦は最近よく復勝でお世話になっている単勝オッズの切れ目になりそうな馬。もう少し内ならの気もしますが、先行勢の後ろで勝負でき展開は向きそうな気がしています。

明日の推奨馬

中京7レース、⑨アバルラータ。前走の4着馬が先週強い勝ち方。前走パドックで頗る良く見え、前進必至。鮫島厩舎の勝負処の主戦が川田騎手。フルゲートと揃ったが勢い十分、しっかり勝っておきたい一戦と見ました。

コメントを残す