10月25日 京都 11R 菊花賞

既に序列が決まった感のあった今年のクラッシック戦線、その序列第1位が出走しないのなら、もっかいチャラ。ここは混戦必至。
その混迷に名乗りを上げるのが、上がり馬の7番スティーグリッツ。
長距離専門に使われて、いよいよ本格化。
2走前の渥美特別の追ってから弾けるような走りがここでもできれば、デルタブルースの再現ありうる。

コメントを残す