#ジャパンカップ2018 予想! – ハナ差で涙

今回は結論からになります。本命アーモンドアイ、対抗カプリ。ワイドも含めた1点勝負。以上・・・と言うと手抜きかと思われますが、魅力的な馬が実に少ないのも事実です。そんな中、仕方なくムーアだからカプリと思われるかもしれませんが、カプリの調教見て「おやっ、もしや!!」と思いました。

気持ち良さそうに走る姿は勿論、直線での加速が実にスムーズ。手前の替え方が上手い。左回りでは、コーナーでは左脚前の左手前、加速時に右脚前の右手前に替わります。カプリはサウスポーと見て調べると、やはり左回りに実績がある。ヨーロッパの古馬中距離となると主戦場は右回り、左回り米ブリーダーズカップには凱旋門賞馬連覇のエネイブルが参戦して優勝、ならば相手くみやすしで日本に狙いを定めたのでしょう。

ムーアはやる気のある時はキチッと仕事をします。しかも自信ありときたら、鬼に金棒の騎手。多少外枠でも長距離ならしっかり内に入れるでしょう。本来なら外国馬はお客様、最近のJCでは無視して良い存在です。でも今年のメンバーならチャンスありと、左回り得意を加味すれば陣営の本気度も高いはずです。

アーモンドアイは秋華賞よりデキは上に見ます。ただ個人的には右回りの方が強い内容で勝っていると見ています。カプリ→アーモンドアイの馬単も薄く買ってみたいです。

3連系の馬券は正直、どれも似たり寄ったり、ならばもう1回ぐらい激走もありそうなサウンズオブアースにも手を回してみたいです。

コメントを残す