#大阪杯 2019 予想! – ハナ差で涙

調教からに見るに全馬ほぼ万全と言えそうな状態で出てきそうな大阪杯。主役はドバイ・アーモンドアイに譲ったとしても、日本でもハイレベルなGIが期待できそうです。

キセキの出走でスローペースはなさそう。となると縦長に近い展開か。後方一気では、およそ遠く及ばない。キセキ本命でも良さそう、ただ秋は勝ちきれないレースが続き有馬では失速した。あの逃げは広い東京でこそ力を発揮するとは言えまいか?。右回りも勿論悪くない、ただ小回りコースと勝ちきれない点がやや気になる。

縦長の展開を後方でなく中段から狙え、キセキの作るペースを経験した2頭に重い印を打ちました。本命⑦ブラストワンピース、対抗⑧サングレーザー。本命をどちらにするかは迷いましたが、最終的な決め手は騎手。ミナリクが悪いとは言いません、スタートも上手で好きな騎手です。ただキセキの流れはある程度ポジションを取らないと勝ちきれないレースになる事ほぼ間違いなく、前回有馬で早めに動いて前を捉えたブラストワンピースから。レイデオロを封じたのは大きな勲章ですし、鞍上はオルフェーヴルの主戦池添。王者のレースを何度もした男が、強いブラストを勝たせる騎乗をするはず。サングレーザーは対抗、天皇賞(秋)はかなり中身があります。ただミナリクが1コーナーまでに一息ついてしまうと、思わぬ後方競馬を強いられるかもしれません。

3番手は②ワグネリアンと⑫ステルヴィオで迷いました。3才春からこの2頭の能力はほぼ互角と見ていて、共に良い感じで成長しています。前回速いラップの中山記念を経験したステルヴィオを上位にしての3番手

以下②ワグネリアン、⑥キセキ、③アルアイン、⑨エアウインザー、⑪ペルシアンナイトまで。他に印を打ちたい馬もいてハイレベルですが、点数も増えすぎるのでここまで。高配当は望み薄のメンバーかと思いますが、買い方次第では思わぬ中波乱はゲットできそう。人気的にも過小評価のサングレーザーが馬券のキーになりそうです。

コメントを残す