#NHKマイルカップ 2019 予想! – ハナ差で涙

高松宮記念から内枠有利は確かと見て、なるべく内枠の馬から選びたいとは思っています。ただコースによっては、内外関係ないレースもあり、東京1600なら力は絶対上と見て⑦グランアレグリア本命。対抗は⑰アドマイヤマーズ、単穴が③ダノンチェイサー。上位はこの3頭で埋まるレース。3強ではありませんが、この3頭を上位に置いておかない評価は考え辛いレースです。

グランアレグリアは右回りより左回りの方が良さそう、上積みも十分。アドマイヤマーズは皐月賞4着ならやはり力は上。ダノンチェイサーはきらざぎ賞の圧勝は大したレベルではないですが、良血が一戦毎に良くなってきました。

4番手以降が問題。ここからは枠と調子が左右します。特に3歳戦は古場より調子の良し悪しのファクターは大きい気がしています。また王道路線を歩いてきた自力も侮れません①②⑬⑩⑤。この中で穴なら②プールヴィルかなと。桜花賞は大外から逃げる展開で仕方ない敗戦もかなり粘った印象。元々は器用な馬で枠を活かせば、紛れた時の馬券絡みは十分に見込めそうです。

コメントを残す