#大阪杯 2020 予想! – ハナ差で涙

内回り、コーナー4回は内枠有利。今までは馬の強さと安定感を重視して軸馬を選んできましたが、昨年後半からは特に枠を意識する様になってきました。少頭数でも力差拮抗なら、最後にその差は結果として表れてくるはず・・・と思い、まずは軸馬選びから。

本命候補はダノンキングリー、ブラストワンピース、ラッキーライラックの3頭。中でもラッキーの中山記念での馬体は今年の充実一途を予感させる様な好馬体。少しズブくなった分、距離延長はプラスのはず・・・と思っても、強い競馬を見せるのは1800・2200等の非根幹距離、1600・2000・2400の王道路線とはやや異なるカテゴリーのこの距離を得意とする馬はいます。ダノンキングリーも同様、ただ皐月賞の強さとダービー2着を考えれば似たタイプでもこちらの方が対応力はあるはず、でも1800の強さがあれば3才春の二冠にも届いたはずです。ブラストワンピースは2000~2500の馬と思います。不器用に見える大型馬ですが、毎日杯・札幌記念で見せた器用に狭い所を突ける機動力が武器。外枠より内枠が欲しいタイプです。

以上の点を踏まえ軸馬を選ぶとすると、◎③ブラストワンピース、⑧ダノンキングリー、⑤ラッキーライラックの順になります。ブラストは絶好枠ですね。札幌記念の様に内を利して直線の叩きあいも制する姿が浮かんできます。枠順見て、少し強気に推せる軸馬になりました。

以下④⑫ここまででも良い気がします、②⑦⑨はあくまで3着候補です。⑨マカヒキのヒューイットソンは比較的位置を取りに行くタイプの騎手です。後方待機策が定着してしまったこの馬には良い刺激となるかもしれません。

コメントを残す