#高松宮記念 2020 予想! – ハナ差で涙

金曜夜までの予想では◎セイウンコウセイでした。ただ今日の中京競馬を見て、1週空いた影響で馬場も休ませたので、時計も速く内枠が有利。今夜から明日朝まで名古屋も雨予報ですが、基本は例年の内枠とコース適正を軸にこのレースを見ていこうと思います。

有力馬が内から中に、穴馬が外枠で思いきった狙いはできないのですが、逃げ宣言のモズが外枠で中にテンも速いセイウンコウセイ、モズがセイウンを交わすまでにも脚を使いハイペース必至。高速馬場の近代競馬では極端な追い込みは決まり辛く、縦長の展開ほど好位が圧倒的に有利。軸はこのポジションを取れそうな馬から。

⑥からにしたいのですが、昨年の直線の止まり方がだらしなく、左回りでの強さは未知数。③もそこまでまた信頼仕切れず、ならば◎⑧グランアレグリア。

臨戦課程は過去の休み明けより数倍状態に不安無し。揉まれて5着のNHKマイルCも負けて強し、基本1200はマイルがダメで転向組が多いの対し、こちらはマイルのバリバリの主役級。ポテンシャルの違いはいかんともしがたいと見て◎⑧グランアレグリア

以下⑥③⑫⑨⑪⑮②。⑨はスタート下手で、昨秋はスタート決めたからこその強さ、今回も不安多し。②もより出負けの多いタイプ、逆に言えばまともに出たら相当強い可能性も。侮れません。

他にも力のある馬がいます、ただ枠に泣きそうなのも確かで、3連複は⑧―③⑥⑪―他多数の狙いも考えています。

コメントを残す