★有馬記念・ゴールドシップ

パカパカファーム、コミィニケーションマネージャーのケイト・ハンターさんから、
有馬記念後に行われた、
ゴールドシップの引退セレモニーの写真を送って頂きました。
ケイト・ハンターさんありがとうございす。

image

強いサラブレッドであっても、光り輝いている時間は本当に限られています。
だからこそ、一戦一戦に目が離せない。
そして、感動させられたり、時には期待を裏切らたり、
まるで人間の様な感情がサラブレッドに対して生まれて来ます。
それもまた、サLOVEレッドの魅力のひとつなのかも知れません。
ゴールドシップは、
2歳。4戦2勝、2着2回。
3歳。6戦5勝、着外ダービーの5着が1回。
皐月賞、菊花賞、有馬記念を内田騎手を背に最後方から大外一気にまくる、
力でねじ伏せる豪快なレースでG1レース3勝を勝ち取り、
芦毛のスターホースに駆け上がります。

4歳。6戦2勝。
宝塚記念に制しG1レース5勝目を勝ち取りますが、
ジャパンカップ15着に大惨敗します。

5歳。6戦2勝。
2年連続宝塚記念を制します。
しかし、秋に日本馬悲願の凱旋門賞に挑戦しますが、
期待されるも14着と大惨敗します。

6歳。6戦2勝。
天皇賞(春)、横山騎手を背に、向う上面から一気に先行まで上がり、
直線フェイムゲームの追撃をしのぎきり勝ち取り、
G1レース6勝の偉業を成し遂げます。
勝つときは本当に強いレースをします。
前々走の宝塚記念は15着、前走のジャパンカップは10着と大きく沈みます。

そして、ラストランの有馬記念。
ゴールドシップは、3歳時にコンビを組んだ内田騎手を背に、
ラストランの有馬記念に出走します。
前走、前々走大敗つづきですが、
スターホースのラストランは一番人気に支持されます。

内田騎手は秘策があるとレースに望みます。
ゴールドシップは最後方から、大外を一気にまくり直線に突っ込んで来ました。
それは、3歳時と同じレースでした。
大きな馬群のうねりの中、私たちの夢を乗せた黄金の船は、
直線最後、力尽きて8着と皐月賞で初G1を勝ち取った、
中山競馬場の緑のターフの海に飲みこまれて行きました。

コメントを残す