#NHKマイル2018 予想! – ハナ差で涙

ここ数年低レベルになり、個人的には存在価値疑問のマイルCですが、今年はなかなかのレベル。朝日杯の1・2着はいませんが、3・4着のレベルも高く、この2頭の参戦で低レベルを防ぐ事ができました。

更にこの2頭に勝ち負けのカツジ・パクスアメリカーナ、そしてダービー直行でも5人気ぐらいにはなったであろうギベオン。特にギベオンの参戦が全体のレベルを上げると同時に予想を難解にしています。

勝ち負けもまずこの5頭からでるはずです。甲乙つけ難い5頭ではありますが、分が悪いのはケイアイでしょうか。大崩れしないのは何よりの強みですが、僕はマイルは100m長いと見ています。デイリー杯も朝日杯も前走も前々走も、ラスト100で伸び脚が鈍りました。接戦に実績がないのも気になります。母は1400までが良かった馬、微妙にマイルは長い気がしています。

続いてギベオン。能力は1番高いと思います。毎日杯も高いレベルでした。例年なら迷わず本命です。ただ今年は他のメンバーも強い。マイル経験の無さ、流れに対応できない可能性もあります。

残った3頭のうち、本命は何か。僕はタワーオブロンドンです。力差のないメンバー、関西馬の多くが長距離輸送を抱える中、美浦からの移動は大きな強みです。前走もしっかり外から伸びていました。東京でも快勝しています。原点材料が少なく経験の強みもあります。

続いてパクスアメリカーナ。前走の馬場は外伸びが目立つ中、内の狭い所から良く伸びていました。馬もドンドン良くなっている気がします。ただこの馬の能力を考えると、デビュー新潟の4着は少し疑問。左回りの得手不得手はこれだけでは分かりませんが、経験値でタワーに及びません。

3番手がカツジ。ケイアイに2度先着は強さの証しです。中間の気配も良く、後は最内枠を活かせるかどうかでしょう。きさらぎ賞は調教から物足りない感じでしたが、太目残りだったと思います。巻き返しは十分です。

評価は⑦⑩①⑨⑪の順。3着まで候補なら⑧⑰を加えます。馬券の買い方は難しいです。配当を考えれば、⑦2着付けの馬単。⑦中心の上位5頭相手、3着紛れて⑧⑰の3連複を買ってみたいです。

桜花賞組やテトラドラクマも良い馬ですが、今年の牡馬は層が厚い。タイム・内容からして、今年の上位5頭は桜花賞2着のラッキーライラックと互角以上と見ているので。桜花賞での敗戦、着差(秒差)を考えると厳しいと見ます。

コメントを残す