枠枠探券隊 – 有馬記念予想

枠枠探券隊 - 有馬記念予想

いよいよグランプリ 有馬記念の枠順が公開抽選で行われましたね。

世間の様々なサイトでは、世相を表すとか、今年の漢字とかの予想が行われています。

私にも実際に友人から、「有馬記念はどの馬から勝負したらいいの?」などの電話がかかってきますが、一言「自分が思ったように買うのが一番だけど、参考までに・・・」と1頭を言います。

私なりに、今年の世相を表すのであれば、「パクリ」ですかね。
何のパクリにするかも考えますが・・・。

昨年の有馬記念にするか?今年のジャパンカップにするか?など考えましたが、どうもしっくりこないのが本音ですし、どの馬にも様々なヒントやサイン?と思われる事が出てますよね。

ルパンとのコラボから、トリプルスリーもそうですし。

私の結論からすると、私の本命馬は リアファル にしました。
当初から「外人騎手」を軸にすることは決めていました。
外人騎手だと、アッゼニ騎手、デムーロ騎手、ボウマン騎手、そしてルメール騎手。

有馬記念の勝ち馬は、3~5歳馬が主流です。そうすると、10番は厳しいか・・・。
重賞勝ちがない、デムーロ騎手も厳しそう。。。

残りは、アッゼニ騎手かルメール騎手。

今年から「JRAの専属騎手」になったルメール騎手に期待をしてみたいと思います。

枠連 6⇒2,3,7,8 以上4点での勝負です。

当日は中山競馬場現地での観戦です。

見かけたら、お声がけしてくださいね。

来年2016年が皆様にとって良い年でありますようにご祈念しております。
来年もよろしくお願いいたします。

では!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
枠枠探検隊 隊長

現在の中央競馬においては、様々馬券が発売されています。 しかしながら、歴史を遡れば、馬券は「単勝」と「枠連」にたどり着きます。 決められた枠番も今も変わらず1~8です。単枠指定と言われるものがあった時代もありました。 馬番は内枠から1、2、3と数字がふられていくのに、17頭目・18頭目はなぜか外枠に配置されます。 そういう「枠」の魅力に取りつかれて、競馬を勉強し、早15年が経過しました。 普通の予想とは、違った角度から競馬を予想し、皆様に提供させていただきます。 点数が少ない買い目での、好配当ゲットを目指しますので、宜しくお願いいたします。

コメントを残す