★サトノダイヤモンド・追伸

サトノダイヤモンド 2013.1.30 生産牧場はノーザンファーム。

★原石

本馬は2013セレクトセール当歳馬において、2億4150万の購買馬された高額のサラブレッドです。
しかし、将来の輝きを約束された訳ではありません。
ダイヤモンドの原石にすぎません。

★カット

しかし、前走きさらぎ賞(GⅢ)では潜在能力の違いを見せつける強さで快勝。
3線3勝の不敗馬で、日本ダービー最有力候補の注目馬になりました。

★クラリティ

サトノダイヤモンドの血統は、宝石箱を開けた時の様な輝き放つ血統です。
母マルペンサ2006.9.10は、アルゼンチン産馬でアメリカでG1ウイナーになった名牝ですが、その血統の輝きが素晴らしいです。

★カラー

そして、その本馬マルペンサ2006.9.10をノーザンファームが購入した事。
これは後の世界チャンピオンに駆け上がって行ったモーリースをバレッツセールにおいて1050万と購入したのと同じです。
本物の原石を見極めるノーザンファームの仕入の担当者が凄いと思います。

★サトノダイヤモンド

父ディープインパクトの種牡馬としての潜在能力に関して、私達は今は語る事ができませんが、一つの結論を出しています。

母マルペンサ2006.9.10に対してその父ディープインパクトの配合は、父母の良いところをうまく引き出し、戻し交配にも成功していると考えます。
さらに初仔で潜在能力を高めていると考えています。

追伸

本物の原石を見極めるノーザンファームの仕入の担当者がこそが、一番輝きを放っているダイヤモンドなのかも知れません。

コメントを残す