ホープフルSと有馬記念 – ハナ差で涙

今週は2つ続けての予想になります。2つなので、1つずつがややボリュームダウンですが、ご了承下さい。

ホープフルSは外枠不利は否めないコースですが、◎⑩ダノンザキッド。1週前追いきりは本当に良くなっていました。デビュー戦が圧巻、このレースで世代No.1とも言われた馬です。前走はこの馬のポテンシャルからすれば、辛勝に近い感じですが、1週前調教から、1頭抜けた馬だと再認識しました。相手は中山向きそうな⑪タイトル②ヨーホー①オーソ。変な狙いはせず、点数絞って王道馬券です。あとは抑えに③ランドオブリバティ⑨アオイショー⑫アドマイヤザーゲ④ヴィゴーレ。アオイショーの新馬は時計は遅いですが、パドックからの馬体もレースも物が違う内容でした。いきなりG1はかなり厳しいですが、楽しみもあります。

有馬記念は、こちらも内枠天国です。極端な外は狙い辛い傾向があります。枠も見ていない段階ではクロノ→フィエール→カレン。それも3頭高いレベルで拮抗。中山コースは器用さも問われます。フィエールマンはルメールでも前半後ろに構えざるえない枠、3頭の中では割引が必要です。◎⑨クロノにとって東京はこなせるけど、ベストではない舞台。そこで3着の天皇賞(秋)なら、有馬記念は黙って買いです。以下⑩⑬⑦⑤④①⑥穴ならバビット、菊花賞は逃げ馬がラチを頼れない馬場で、相当タフな競馬でした。ラッキーライラックは中山記念の馬体見て今年はこの馬と思っておきながら、◎を殆ど打てず終いで後悔もありますが、ここだと1枚割引。ワールドプレミアの去年3着は漁夫の利で高く評価はできませんが、能力はあるしJCでも好走。抑えには必要かと思います。

コメントを残す