薫風推理 2/21東京 フェブラリーステークス

5番ベストウァーリア

今年のフェブラリーステークスは、ノンコノユメとの勝負付けが終わってない馬から選んで見る。その中で先団につけられて、自在性がある馬は?ということで、ベストウァーリアでいく。去年は地方の交流レース中心に5戦で2-1-2は立派。驚いたのはその中で唯一中央のプロキオンS。1頭59Kを背負って楽々差し切って最後は2馬身突き放す強さ。充実ぶりが窺えた。1200mから2000mまで走っているが、ベストは1600m。左回りが得意で中央だけでも5勝。地方も入れると7勝というサウスポーぶり。鞍上の戸崎が東京に強いのもプラス要因。直線の長い東京で前と後ろを計りながらの競馬は難しいと思うが、戸崎の辣腕に期待。君ならできる!!

コメントを残す