★テスコガビー1

1972年中島氏は、仲住芳雄調教師から「テスコ(テスコボーイ)の仔でいい馬いないか」と依頼をされます。

中島氏はその依頼を受けて調査します。

私にはスットクの馬と言っていました。

実際には、依頼を受けてから馬を探すのでは遅い為、生まれる前、種付けをした時から血統を調べ血統のいい馬の情報をノートに書いていた様です。

その馬達の事をストックの馬と言っていたのです。

そのストックの馬の中にいたテスコボーイの仔を仲住調教師に推薦したのです。

そして、仲住調教師は北海道へ。

千歳空港からいつものエージェントの車で静内の福岡牧場に向かったのです。

コメントを残す