寝違えた (。>д<)

皆さんも一度は経験されたことがあるのではないでしょうか?
目が覚めた途端にイタタタタ…
切ない痛みが一日中続きますよね (>_<)
この寝違え、馬たちにとってはちょっと一大事!
馬たちの寝違えとは私達の首が曲げられなくなる状態とはちょっと違うようで、馬房などでゴロゴロしているうちに壁に脚が寄りかかってしまう状態になり起き上がれなくなることを言うのだそうです。
馬は後ろ脚からの踏ん張りで起き上がるため、後ろ脚が壁に寄りかかった状態になるとひっかかりがなくなり踏ん張ることができずに起き上がれなくなってしまいます。
そんな時の馬たちは起き上がれないことに焦りパニックパニック[?][?]
なかには諦めて助けを待つおりこうさんもいるようですが 笑笑
時々コメントでも「 寝違えて脚を痛めたので放牧 」などと見かけますが、このパニック状態の時にもがいてもがいて体のどこかを痛めてしまう場合があるようなのです。
馬たちには、どうか壁際で寝返りをうたないようお願いしたいですね 笑
馬たちにとっても、私達にとっても寝違えのない素敵な朝を迎えたいものですね !!

コメントを残す